九段下 玉川堂物語〈その1〉

 里見八犬伝で有名な滝沢馬琴の生まれ育ったところは、九段下の交差点を、飯田橋寄りに右に曲がった最初の坂道、中坂のあたりでした。今でこそお濠端の靖国通りの方が賑やかですが、江戸時代には上図の絵のように、九段下よりもホテルグランドパレス寄りの中坂の方が、賑やかな町人町でした。
神保町や駿河台の方は、直参旗本の御屋敷町でした。そんな時代、今から百五十年前の滝沢馬琴の文政十年丁刻日記に次の様なくだりがあります。

九月八日 晴夜ニ入薄雲
昼後出宅 飯田町江罷起 八月分 薬売溜致勘定 松屋權左衛門 払遺え。玉川堂江御筆二十対(四十本の事)誂え。小松屋而砂糖求え。夜ニ入 五半時帰宅。
九月十一日 朝四時前薄雲 薄暮 晴
昼比 清右衛門様入来。玉川堂江誂置候筆 二十対之内 五対出来持参。

 この日記を読むと、下駄をはいて眼鏡をかけた馬琴が、玉川堂へ筆を求めに歩く姿が目に浮かぶ様です。

 その頃は、東京湾唯一の昔の燈台が今も残る靖国神社のある坂の上からは、品川沖に入る船の姿がはるかに望め、富士山の勇姿も眺められた時代です。仏国大使館も大隈重信邸も今の千代田区役所のあたりにありました。幕府が大政奉還をし、時代は徳川将軍から明治新政府に移行すると、幕府の直参旗本の家が沢山あった昔の神保町方面には、ぽつぽつと町人が移り住むようになりました。玉川堂も縁あって中坂の小さな店より、九段下の爼橋(まないたばし)の船着場近く今川小路に間口の広い店を構える様になりました。

 御維新になりますと、神田には今の一ツ橋大学や中央大学、日本大学、専修大学、正則英語学校、国学院、学習院、仏語教育で有名な暁星学園、開成中学と沢山の学校が出来、駿河台には西園寺公が住み、それらの政府高官、貴族や学生に本を提供する本屋街が自然に発生し、そういう学校へ留学する中国人留学生の為に、安くてうまい維新號の様な中華料理店が沢山出来ました。

 『玉川堂』はもともと筆屋ですが、裏に大小の部屋があり、そこでは簡単な勉強会、学生の小さな宴会などが開かれておりました。「玉川亭」という茶亭(貸席)を開いておりました。ある時は文人墨客が集まり、自分たちが持ち寄った書画を肴に鑑賞し当時流行の書画会を楽しみました。

 翌日になると、そこには東大の穂積重遠先生(法窓夜話の著者)の御一党が集まりました。その頃、大学での講義は全て英語や仏語、独語で講義をしておりましたが、それでは不便なので、適当な日本語で法律用語をと皆で知恵を出しあい、訳語を選定する会議をやっておりました。また、その頃は今とちがって役人や武家の流れをくむ教養人は、漢詩を作り楽しむグループ(吟社という)が、各地にいくつもありました。玉川堂では、初めて習字の国定教科書を書かれた長三洲先生が、大分の大詩人・広瀬淡窓の流れをくみ、「玉川吟社」と名付け、月に幾度か漢詩を作る会を玉川茶亭で行なっておりました。

 その頃、神保町には東京女子医大や順天堂大学があり、そこで助手をされていた野口英世博士が、いよいよ渡米されるに際し、学友が集い、玉川堂の茶亭でささやかな歓送会を催した由。二松学舎大学で漢文を修めた夏目漱石は、学校を終えると九段の坂を下り、本来、書と絵の好きな漱石は、玉川堂に寄り筆を買いもとめた。麹町にお屋敷のあった永井荷風は、父に頼まれ玉川堂の筆を愛し、晩年までよく立寄られました。

 今や労働時間の短縮よりも、週休二日制、あるいは、三日制といわれる今日ですが、そもそも明治の初め、明治新政府は富国強兵、西欧列国に一日も早く近づく為に殖産し、工業をおこさねばと大いに工業に力を入れましたが、それにともない、労働問題が起こり始めました。婦人も子供も十六時間も働かされるような時代でした。そんな問題をなんとかせねばと、英国派(島田三郎、田口卯吉)に対し、労働者保護をかかげる後の東大学長・小野塚喜平次や、金井延(河合栄治郎の先生)、高野岩三郎などの学者が、玉川堂の茶亭に集まり、独逸の工業立法や社会問題、労働時間の問題等を研究する社会政策学会を発会したのです。筆屋と社会問題とは、なんともおもしろい組合せです。